ホームへ最新情報棚田米の会お米TALK企業理念会社概要業務案内メディアTALKリンク
棚田米の会
 
ご案内
棚田の有効性
棚田ギャラリー
 
有機米屋
有機米とは3年以上農薬や、化学肥料を使用しない圃場で栽培され、第三者の認証を取得したお米です。
ユウキくん入店する

福岡農産株式会社
〒827-0003
福岡県田川郡川崎町
大字川崎3986
TEL:0947-72-3122
FAX:0947-72-3058
キャッチコピー

ご案内

棚田新世紀
写真 棚田米の会は生産者と消費者の架橋をはかり、棚田を後世に遣すことによって、日本の文化と国土を守り、命を大切にする社会へと転換することを目的とします。

心のふるさと「棚田」 命の糧「棚田米」
−「棚田」紹介映像−
全国各地の棚田の美しい風景集を、音楽とテロップとともにスライド形式でお楽しみ下さい。下のボタンをクリックされるとムービーが開始します。
棚田動画

棚田会員募集中!! −お申し込み・お問い合わせ−
全国棚田(千枚田)連絡協議会事務局
鳳来町役場 産業観光課農政係
〒441-1692
愛知県南設楽郡鳳来町長篠字下り筬1番地2
TEL:0536-32-1984
FAX:0536-32-2111

棚田関連情報 (2006年10月30日更新)
宮崎県日南市坂元棚田 今年の棚田サミットが10月6日-7日と宮崎で行われました。

Photo 宮崎県日南市坂元棚田

棚田関連情報 (2001年4月1日更新)
棚田地域等保全対策費の予算が計上されました。
農林水産省はウルグアイラウンド農業合意関連対策の事業規模の見直しをするなかで、中山間地域対策のうち下記予算を新たに付け加えることになりました。
540億円 ハード事業100億×3年
基金事業80億×3年

OECD(経済協力開発機構)による棚田調査が97年9月行われました
農村地域開発プログラムRDP(Rural Development Program)はOECD事務総長直轄プロジェクトとして開始され、農村地域の活性化について検討を行っています。
今回の棚田の調査は、緑豊かな農村景観、長い歴史の中で形成された文化や伝統などの「農村アメニティ」に関する研究の一環として実施されました。
参加者は棚田を始めとする水田地帯の素晴らしい景観、文化などに触れ、その保全の必要性について理解を深めていました。(棚田ライステラス第8号より抜粋)


棚田米の紹介

写真棚田米は、寒暖の差が激しい山間の山と接する生活廃水などが入ることのない田んぼで栽培されています。
とりわけJA阿蘇管内では農薬や化学肥料を周辺の慣行栽培にくらべて半分以下に落とした特別栽培米の取り組みも行われており、標準を十分上回る良食味で生産者の心が生きる手作りのお米です。


棚田米 こしひかり
熊本県 
南阿蘇地区
棚田米 ひのひかり
熊本県
球磨郡 中球磨地区
棚田米 あきげしき
熊本県
阿蘇小国郷 南阿蘇地区


棚田写真集の紹介

全国各地の棚田の景観を写した素敵な写真集です。

棚 田
編 者:ふるきゃらネットワーク
発行者:野間 佐和子
発行所:株式会社講談社
定 価:1,500円
写真

棚田の詩季
編 者:ふるきゃらネットワーク
発行者:山本 幸雄
発行所:日本写真企画
定 価:3,500円
写真

九州の棚田
編 者:ふるきゃらネットワーク
発行者:佐藤 眞一
発行所:南日本新聞社
定 価:2,200円
写真

このページの最初にもどる▲

有機米屋はこちらをクリック